儀式も簡略化する現状

 冠婚葬祭はずいぶんと変化しています。
以前は結婚式は盛大に行う人が多かったように思います。
お世話になっている方への感謝の印であり伴侶のお披露目の意味もありました。
人生のけじめの意味もあったと思います。
葬式も親戚縁者を集めて行いその後の法事もきちんとしていました。
 最近は結婚式を行わない人も増えました。
費用の問題もあり式をする人も規模は小さくする傾向にあります。
葬式も家族だけで行ったり法事の回数も少なく済ます人が多くなりました。
簡略化する傾向が今の現状です。
 以前は縁のある人達が同じ県や近距離に住む事が多かったです。
普段の付き合いももっと頻繁にありました。
しかし今は子供が実家から遠く離れて働く事も多くなりました。
親戚が皆バラバラの土地に住んでいるなどの現状もあります。
各地から人を集めるのは色々と大変です。
それで少しずつ簡略化していく人が増えたと推測出来ます。
 時代に合わせて慣例や習慣も変化していくものだと実感しています。

プロポーズされたらドレスを選ぼう

友達の赤ちゃんになにを上げようか迷っていたのですが、こちらのキャラクター風船に名前を入れてお願いしました。

バルーンの飾りつけで誕生日を華やかに