祖母の代から伝わったお雑煮の味を守っていきたいです。

冠婚葬祭の『祭』には正月の行事もあります。
私は毎年、母の作ってくれるお雑煮を食べることを楽しみに帰省しているといっても過言ではありません。
美味しいのはもちろんですが、お正月に実家に帰って来ているということを実感します。
私たちが当たり前のように毎年、食べているお雑煮は鶏だしのしょうゆがベースになっていて、他にも具材がたっぷり入った食べ応えのあるお雑煮ですが、これは今は亡くなってしまった祖母の代から引き継がれたものです。
祖母が生きていた私が子供の頃も同じ味のお雑煮を食べていました。
今は母が作ってくれますが、正直言って母が作ることが出来なくなった時に私たちが同じ味を作っていくことは現状では無理だと思っています。
今は甘えもあり母にまかせっきりになっていますが、いずれは自分たちが作って守っていかなければいけないと思っています。
学べるうちにしっかり学んで私たちの代で美味しいお雑煮の味を絶やさないようにしていかなければと思っています。
来年こそは母と一緒に作ってみたいと思います。